管理人のプロフィール〜キャッシュフロー構築に目覚めるまで

 

プロフィールをご覧頂きありがとうございます!

私は、子供と妻のいる普通のアラフォーの会社員です。

でも・・・

 

ただの会社員で終わるつもりは全くありません!(笑

 

2015年途中から勉強を開始し3年間で不労所得を構築する計画を立てて実践。

2017年前半には、贅沢をせずに普通に家族で暮らすのには十分な値になりました。

 

その経緯を私のプロフィール紹介とともにまとめてみました。

最後までお読み頂けると、きっと私と同じように貴方の人生を変えられると思う内容があるかも?と思いますので、是非最後までお読み頂ければと思います。

 

幼少時代は比較的のびのび過ごす

九州で産まれ、海が近い家でのんびりと育ちました。

父親は商売人の家の出身のサラリーマン。母親は親が警察官や教師で元銀行員の主婦。なので、いわゆる普通のサラリーマン家庭です。

父親が営業マンなので転勤族となり、九州〜関西圏で10回ほどは引っ越ししたと思います。

でも、田舎だったので良い人々にも恵まれて今思うと

のびのび〜

とすごしていました。

 

小さい頃から歌う事や父親の影響からか剣道が好きで、将来は歌手か武道家になりたいと思いながら田舎の野山をかけめぐってました。

ちなみに、自ら志願して小学生で剣道を始めて以降ずっと何らかの武道を継続しています。

 

好きな事は、本当に続くものですよね。

 

エロパワーのみで受験を乗り切ったら・・・

のびのび過ごしていたので、中学生になって5段階評価の通知表を見ると・・・

 

国語・数学・理科・社会:1〜3

体育・音楽:5

 

という、好きな事だけは成績がいいな〜という程度。

親もあまり期待はしてなかったようですね。

 

しかし!

 

高校受験も控えて塾に入ってみると、なんと、中学1年からずっと好きだった「M」さんが居るじゃないですか!でも、「M」さんは最上位クラス。私は底辺のクラス。入塾テストで振り分けられてしまいました・・・。

 

じゃ、「いっちょ勉強やりますか」と。(笑

 

いや〜すごいですよね〜エロパワー。

(いや、当時は手をつなぐ事もできないぐらいの感じなので、エロではないのかもですが。)

 

なんと、私の成績はこれで一気に上がって、ほとんどオール5に。

 

はれて、「M」さんと塾で同じクラスにもなれました。(その後、同じ高校に進んで、3回告白してしばらく付き合うも、最終的には別の道へ・・・。この辺は青臭い話なのでカット!)

 

でも、この成績アップで親が勘違いし始めてしまったのと、なまじ頭の良い人々の環境に入ってしまったので、後々苦しむことになるとは・・。

 

暗黒の高校時代

エロパワーだけで地域トップ校に入った私も1年生の間は頑張ってました。

しかし、2年生になるとはっきりと

 

「何となく合うなと思える人が少ない・・」

 

と、次第に、環境に拒否反応を覚え始めます。

 

本当に勉強が好きな人ではなく、親に塾にいかされて、ちょっと要領が良かったりプライドが高い人が集まったように思えてました。あまり私も人のことを言えませんが。

そんな思いからか、クラス行事にもまともに参加せず部活部屋に入り浸っていると、当然ながら陰口を叩かれかなり居づらい雰囲気に。。。

 

そうやって、

「今後、どうやって生きるべきか?」

「何のために生きている?」

「勉強して何になるのか?」

と、ぐるぐる考えるくら〜い高校生になりました。

 

しかも、家に帰るとエロパワーとは知らず期待してしまった親が

とりあえず良い大学を出てエリートサラリーマンになれ!それが最高!」

と、猛プッシュ。

 

元銀行員の母親は自分の価値観を強く推すような性格だったので、もうみっちりと

「サラリーマンが安定だし最高である!」

という哲学を仕込まれました。

 

それが愛情の表現なのは伝わっていたので。

違和感は少しありつつも「そうなのか〜」っと徐々に洗脳されました。

 

子供としては当然親を喜ばせたい気持ちもあり、内面的にはくら〜い気持ちのまま勉強を頑張ることに。

 

でも、この頃毎日ノートに、「ココロの奥から湧き出る疑問点」を書きなぐってました。この思いを忘れないようにしようと。

ちょっと精神的にヤバかったと思います。

 

今でも当時のノートを見ると、何をやったら良いか全くわからない苦しい気持ちを思い出します。

 

アウトローな人々から真実を学んだ大学時代

葛藤して一浪しながらも、某大学に入学。

唯一、なんとなく好きだった物理を専攻した大学生活を送ります。

ただ、ここもクラスの多くは高校と似て、まともな方々でした。

 

 

でも、大学生なので行動範囲は大きく広がります。

 

同級生とは全く違う人種が集う飲み屋のアルバイト先や地域のサークルなどに顔を出す中で

 

「こういう人が好きだし、こういう人になりたい」

 

という人に巡り会えたのが転機になっていきました。

 

それはほぼ、同じ大学の人ではなく、世間からすると、少しアウトロー的な社会人の方々だった。

でも、人生を心から楽しんでいて心から尊敬できた。

 

それらの出会いから、この頃になって始めて

 

生き方は自由だし、価値観も多様。絶対的に正しいなんて無い!

 

自分が本当に満足している人生を、笑って過ごせる人になりたい!

 

職業に貴賎なんてない!その人が満足しているか?が重要!

 

自分の常識は行動範囲で決まる!狭い範囲だと常識も偏る。いろんな人と会わないと!

 

 

と、これまで狭かった活動範囲ではわからなかった事が見えてきて、「自分が何をやりたいのか?」は「まあ、探していけばいい」と前向きな気持ちになっていきました。

 

今思うと、大量にある時間の中で好きなペースでやれたので、そこまで突き詰めて考えるほど追い込まれなかったのもあると思います。

 

武道では、大会でも入賞しプロ格闘家も出ている某全日本大会に出場するほど、のめり込んでやれてるほどでした。

全日本王者も経験した良い師匠に恵まれて、わずか数年でとんでもないスピードで成長できました。

 

 

いい師匠について真剣にやれば、全く違う世界でも活躍できる!

 

という事がわかり、良い指導者につく事の重要さを凄く感じました。

 

また、私はいつも、周囲の人に恵まれます。

この御恩を私も周囲の人に何かしら返していかねば。と感じ始めたのもこの頃です。

 

で、とりあえずいろんな会社を調べて、仕事内容に興味も持てて、実力で評価してくれそうな会社でサラリーマンを開始することに。

ここから、第2の暗黒時代が・・・

 

 

会社の同僚が倒れていく・・・心身ともにボロボロになり・・・

サラリーマン生活をスタートし、最初の1年間は「頑張るぞ!」と意気込みました。

 

が・・・2年目以降

「また、合う人が居ない・・・」

と感じるように。

 

暗黒高校時代のデジャヴです。

 

仕事自体は面白く、確かにスキルはアップしました。

 

でも、仕事自体が面白いだけでは駄目だということに気づきます。

 

重要なのは

誰とやるか?

なんだなと。

 

自分が好きな遊びでも気の合わない人とやるとイマイチ。

でも、気の合うメンバーとなら何をやっても楽しいですよね。

 

この真実は、かのビジョナリー・カンパニーにも記載があるようですね。

何をやるかより、誰とやるかだと。

 

でも、職場では「この人合うな・・」と思った好きな人から、上司がどんどん異動させていきました。

つまり、上司の方針と私が好きな人々は合わないと。(なので私も合わない)

 

給料は多少良いかもしれないけど、ココロが乾くドライな職場にどんどんなっていきました。

 

そんな中である程度出世してプロジェクト責任者の立場になって頑張っていましたが・・

 

同僚がどんどん倒れていく。。。

 

会社は使えなくなったら社員を簡単に切り捨ててしまう。

表ではなんだかんだ綺麗事を並べても、会社的に使えなければそれでおしまい。

自分自身も、役割を果たそうと何とか真剣に頑張ろうとする中で、「声が大きいだけの上司」などから理不尽な発言などで体もココロもおかしくなってきて、まっすぐ歩けなかったり、頭痛がとれなかったり、手足がしびれたりすることもありました。

これには、自分でもビックリしました。

 

当時、家族からもかなり心配されました。

顔に出ていたようです。

 

心配する妻から、

「別に辞めてもいいよ。私も働けば、なんとでもなるし。」

と言って、元気づけようと海苔で顔をつくったオニギリを差し出してくれたときは・・・

 

妻の笑顔のオニギリ

 

ありがとうという気持ちと、仕事ごときで心配をかける自分が情けなく、

涙がおさえられませんでした。

 

これを見る度に、こころの底からの妻への感謝を思い出します。

 

 

この頃は、なぜか歩いているだけでも涙が出てくる状態。

かなりまずい状況でした。

 

で、さらに・・・

 

社内で表彰を受けるほど結果を出している先輩にでも、50歳過ぎになってくると「そろそろ別の人でもできるように引き継いでね」と実質的には引退準備させられる事実をマジマジと見せつけられることもありました。

 

そこでやっと・・当たり前のことに気づきました。

 

会社のプロジェクトだけを頑張って無理しても、いずれは簡単に捨てられる。

 

ただ、会社には自分が作った「仕組み」が残り、収益を生み出し続ける。

 

でも、「自分にとっての収益を生み出す仕組み」は会社員の仕事では、何も残らない。

 

企業は利潤を追い求める組織なので、そんなことは当たり前。

スキルは多少ついても、仕組みは何も残らない。30年続けても辞めたらゼロ。また作り出す労力が必要。

 

利益追求が最優先の会社に対して、「何か」を勝手に期待してしまった私が単に青かっただけなのですが。

会社は悪くなく、それは利益追求体としてはある意味当然です。

 

そういうものとして、認識して対処する必要があるだけ。

 

自分の身近で結局はモノのように扱われるヒトを目の当たりにして、

 

会社という組織だけに依存して、自分の人生の時間を注ぎ込む怖さ

 

を強く実感しました。

「会社員が最も良い」

という親に仕込まれてきた価値観に対して、完全に

「それは違う」

とココロのそこから実感しました。

 

 

「自分のために仕組み」を作らないと、一生働き続けて捨てられるだけやな・・・

 

心身ともにボロボロになったのですが、そのおかげで

「サラリーマンが良いという洗脳」から完全に解き放たれた!

のでした。

 

これは、その後の長い人生を考えると逆に非常に良かったです。

 

でも、この時点で既にアラフォーで子供もたくさんいるサラリーマン。

子どもたちには、好きなことをさせてあげたい。

 

サラリーマンの洗脳は解けたものの・・・

 

でも、どうすれば良い?

自分はなにで人の役に立てる?(つまり報酬を頂ける)

 

ずっと猛烈系のサラリーマンだったから何をしたら良いのかよくわからない・・・

 

と迷いながらも、学生時代の格闘技で「実績を出している師匠から学ぶ」ことが効果的なのは知っていましたし、あと唯一尊敬していた会社の先輩と飲んだ時に「色んな人と会いにいってるよ〜」という話を聞いたことなどから・・・

 

「とりあえず、実績を出している人に会いに行こう!」

「実績を出している人の本を読みまくろう!」

 

と、仕事を早く切り上げて、白い目で(笑)見られながらもセミナーに参加したり、書籍を読み漁ったりしました。

 

そうすると、いままで見えてなかったのですが、意外にネットや本で有名な方々がセミナーをやっていて、普通に会えてしまうのですよね。

特に投資家は集団になることで購入ボリュームを増やせるので、発言力やボリュームディスカウントなどメリットがあるのですよね。単に販売目的のものもありますが。

 

で、実際に会って気になっている点を聞いていくと、信用できるかどうかも当然何となくわかってしまう。

すらすらと回答が来るか?やどういう目的でやっているか?や実績があるか?やその人の周囲の人はどうか?などなどで。

 

その中で、信頼できそうな人をメンターとして、本やセミナーやメルマガで学ぶようになりました。

メンターというのは、「自分の望む人生を実現している先輩」であり、「教えて頂きたい先生」ですね。

 

会社には、自分が望む人生を実現している人がいなかったのですが、社外にはたくさん居ることもやっとわかってきました。当たり前なのですけどね。

 

 

実績を出している人に会っていくと・・・常識が変わって来た!

 

で、実際に色々学ぶと・・・

 

考え方が変わってきた!

常識も変わってきた!!!

 

なぜなら・・・

 

自分の常識は、自分の狭い行動範囲だけでつくられたもの!

自分の常識とは18歳までに積み上げた先入観や偏見のコレクションでしかない!!

 

だからです。

あの、アインシュタインの言葉だったと思います。

 

なので、行動範囲が変わると常識が違う人が周囲に増える。

大人になると意外にそういうのが減るのですよね。

似たような人で居心地のよい場所を作って居着いてしまうので。

心地よい場所に居ても成長は無いと言われますが、その通りかなと。

 

で、サラリーマンの親に学んだ私は、

汗水たらして働かないとだめでしょ!」

何となく思っていましたが、

 

勉強すると普通に年利20%以下なら案件はゴロゴロある。(え?と思いますよね、普通。)

 

汗水流しても「消費されてしまうもの」を作り続けると消耗品扱いの会社員になるだけ。

 

なら「キャッシュフローを生み出す仕組み」構築のために汗水流せば良い。

 

会社を通じてでなくても、個人としてでも誰かの役に立てる価値を提供すればいい。

 

それだけで・・・

同じ汗水でも、「その後」の結果が大きく異ります。

汗水は流しているのですよね、ちゃんと。

 

汗を流して「作り上げる対象」が違うだけ。

 

マスメディアが崩壊してSNSが発達してきているように、今後は、会社というより個人間でのやりとりが増えるのではないかという思いもありました。

子供ができて地域社会のイベントにボランティアとして参加したり、子供の習い事に付き添って色々なコミュニティに参加する中で活躍される方もいて、その思いは確信になってきました。

 

それまでは独立するというのは、「元オリンピック選手ぐらいスゴイ」人でないと不可能だとなぜか思い込んでいました。

 

でも実際はそうではなくいろんなニーズがあるから、それに応えられれば世間の役に立てる!と。

 

サラリーマンで忙しくて平日は1時間とれるかな・・に加えて、土日は子供たちの習い事の試合で潰れまくっても・・

実は本気でやろうとすると、色んな方法で時間は捻出できる!

と考えが変わってきました。

 

金融の街、香港で世界が動き始めた!

 

実は時を同じくして、人生が大きく変わる起点となる出来事がもう1つありました。

 

先程の会社で唯一尊敬できる先輩と、金融商品の購入や海外銀行口座の開設などが目的で香港に旅をしました。

 

その時点では金融なんて怖い・・・というのが正直なマインドで、恐る恐るやっている状態。(まだ勉強が不足していました・・・)

 

そこで引率頂いたのが、某スポーツ選手の金融資産マネジメントも行っている、関西では有名なお方。(この方とのご縁を頂けた方にも本当に感謝していますが。)

 

 

香港旅行の夜、マカオのある場所で休憩している際、その方から「ある案件」の情報を頂き、大きく世界が変わっていくパラダイム・シフトが起こりました。

 

「そ、そんなのが世の中にあるのか!」

「しかも、こんなまっとうな投資というか事業で!」

 

興奮した我々は、その夜、ホテルの部屋に戻って、2人で・・

この案件のリスクは?

長期的な継続性は?

計画のクリティカルパスとキーマンは?

 

などなど、仕事ばりに「妄想シミュレーション」を繰り返しました。

 

その結果、

「これはいける!!」

と短時間で判断し、規模の大きな投資へ一歩を踏み出すことができたのです。

 

この先輩との夜の会議(笑)でわかったのですが・・

今まで、「何となく怖い・・」としていたことも分解すると大した事はなかった。

 

あと、そういうスゴイ案件も、実は秘密になっているものもあるけど

普通に公開されているものでも知らないだけでスゴイものもある!

 

なので、勉強しないと本当に損である事が骨身にしみました。

ちなみに、この案件で私は結果的にサラリーマンの平均年収以上の利益を得ました。

で、今後もまだ細くはなりまうが続きます。

 

本当に、ちゃんと勉強するだけで、異世界です。

 

 

 

ここで感じたのは・・・

一人じゃなくて、仲間がいることの重要性!

です。

 

他の投資家の方々がコミュニティーを作るのは、単にボリューム的なメリットの問題でもだけでもないなと思ってきました。

つまり、コミュニティや仲間が大事だと。

 

ちなみに、この先輩とは今でも定期的に飲みますし、その度にココロが元気になります。

 

私から見ると狭い価値観に閉じこもって生きている会社の人々は基本的に話が合わない人が多いのですが(それだけ仕事だけを真面目にやっている点は素晴らしいですが)この方だけは全く別。一生涯、ご縁を大事にしたい先輩です。

この先輩は別途、凄く面白い活動もされているのですが、それはまた別途どこかで・・。

 

常識が変わったら、見えてきた「異世界」

 

例えば投資なら・・・

特に年利10%程度なら、国の保証付きのものも存在する

ということがわかってきました。

 

勉強前なら、また仲間がいなければ

「そんなの怪しいでしょ!」

で終わるんですよね。

 

 

でも、その仕組みや運営組織の実態、もしくは関連する法律などを知っていれば、本物であるかは見分けがつく。わからなければ、中枢の人々に会いに行けばいいだけ。

 

勿論、それでもリスクは残りますので、後に述べる戦略が重要ですが。

 

不動産投資なんかも・・・

利益のシミュレーションができるようになるまで本を読んで詳しくなればほぼ取得リスクは回避できるし、運営リスクの多くは保険で対処できる。

とうこともわかりました。

 

皆が何も知らずに反射的に恐れるリスクは勉強すればおよそ回避、低減できる。

という、文字にすると当たり前のことですが。

 

特に昔から続き投資形態はそのように仕組みができていました。

新商品を開発して、新しい市場を開拓するなんて仕事より全然簡単です。

仕組みが出来上がっているから。

 

あとは、基本的な考え方として・・・

 

しっかりと分散していく。タイミングも、モノも。

 

一本ではなく、複数の収入の柱を作ればよい。

 

それで考えると、年収2000万も・・・

 

年収2000万 なんて、約月5万 × 約30本 だけ。

 

この話を圧倒的に実績を出している人から聞いたとき

月数万だけ稼ぐ仕組みなら簡単にできそうだし、リスクも低そうだから少しずつやってみるか!

と目からウロコが出て、やる気まんまんになりました。

 

いままで、1つで月200万は厳しいな・・と何となく勝手に凝り固まって考えてしまっていたのです。

分解すると、大した事は無い。月5万ずつでも、少しずつ積み上げれば良いということに気づきました。

 

15万なら4本だけで月60万となり、もう200万の三分の一近くになります。

 

これまでは何もしない毎日を過ごして、何も積み上がらなかったのですよね。

(会社が儲かり続けるための、仕組みづくりをせっせとやっているだけ。)

 

これは、いろんなものに通じると思います。

ぱっと見ると困難な事でも、しっかり分析して、要素を分解して、1つ1つコツコツ対応すればいいだけ。ですよね。

 

時間に対する考えも同じです。

コツコツと、通勤時、昼休み、帰ってきてからの時間などが実は誰でもあります。

 

それをかき集めて

結果が積み上がるもの(単発で終わらないもの)に時間を使っていけば良い!

ですよね。

 

キャッシュフローが出る仕組みの構築に全力投球開始!

 

積み上がらない時間を使ってしまっていると気づいたので・・・

キャッシュフローを意識したアクションを猛烈に開始しました。

 

キャッシュフローとは、

 

作り上げた「仕組み」により、自動的に入ってくる収入の流れ

 

です。

 

 

具体的な方法は色々ある中で、その時々に適したタイミングの良い方法を選ぶイメージです。

 

例えば・・・太陽光発電は国が買い取り保証もした上に融資も簡単について、かつ即時償却などもありました。

最近ならバイオマスなど他の再生エネルギー案件などもありますね。

 

不動産は王道だと思います。

多くの書籍が出ています。ただ、勉強しないと危険ですが。

 

Webアフィリエイトなんかも王道ですね。元手がゼロでリスクゼロです。

 

今なら仮想通貨も法律を変えてまで国が対応しておきており非常にアツい。

 

FXのシステムトレード、海外積立、ランドバンキング、リゾート案件、転売やせどり、クラウドでの仕事実施、などなど・・・

 

実は稼ぐ方法なんてたくさんある!

 

のですよね。

 

 

私はそれら複数を、積み上げていきました。

 

さらに、来年以降のネタももう仕込んであります。

 

 

あの、妻に優しい言葉をかけられて陰で涙した時とは、もはや別世界です。

本当に。

 

自分でも、ここまで来れるとは全く思っていませんでした。

変えたのは・・・考え方だけです。

 

考え方も常識も変わったので・・・

しばらくやっていけば、いずれは独立できそうだ!

と確信しています。

 

意外に簡単なのです。

 

しかも数多くの選択肢から、好きな事をやれば良い。

 

会社の難しい人間関係や難しい数字処理より、全然簡単。

 

ということを知ってからは、スーっと目の前が明るくなった感じで

生きる活力が湧いてきました。

 

もうサラリーマンを定年まで続けなくてよい!という選択肢

持てたことに、本当に、心の底から大興奮してます。

 

「いつでも辞めれるな〜」と思うと、逆に「会社に行こうかな」という気が出てきて、なぜか会社での評価もMAX上がってしまったので不思議です。(笑

 

しかし残念ながら・・・

ほとんどの人は、「怪しい」と勉強してないだけだったり、正しいやり方を知らないだけ。

私もそうだったのか・・・と痛感しました。

 

モーレツには働いてサラリーマンとしてはそれなりに稼いでいたからこそ、逆に意固地になっていただけでした。

 

小学生以下だったお金の勉強も開始!

 

当たり前ですが、何も勉強してなかったので・・・

 

お金に関して小学校以下のレベル

 

でした。

私もお金について全く勉強していなかったです。税金のことにしても。

でも、日本では、殆どの人がそういう教育をされているので、小学校以下のレベルです。

 

学歴が高い人でもお金を勉強していない人は良いカモと見られます。

 

金持ち父さんの本は、この事実を世の中に広く浸透させたと思っていますが、それでもまだ米国など海外に比べると一部に留まっているようです。

 

なぜか?

国の文化として、「自己責任」をあまり認めず、何か問題があったら「サービス提供者が悪い!」という常識が刷り込まれているからですね。我々はぬくぬくと過保護に育てられています。

その分、居心地はよいのですが、見返りは無いのです。

 

借金が悪い!というのも同じ。

 

住宅ローンなら

「持ち家になるの?しあわせだね!」

なのに、不動産投資のローンだと・・・

「え??そんなの大丈夫なの??」

 

となる。同じローンなのですけどね。

むしろ、

 

不動産投資ローンの方が、破産の確率は住宅ローンの10分の1以下ぐらい少ない

 

だって知ってました?

 

こういう事実、お金の事をちゃんと勉強すると、なぜこうなるのかよくわかります。

勿論、不動産はこれだけではなくもっと広くデータを知る必要がありますが。

 

忙しいサラリーマンでもできる方法とは?

 

私と同じように平日昼間に全く時間がとれないなら

仕組みが既に整っているか自分で構築できる環境が、外部委託で回しやすい投資

だと思っています。

 

別に根を詰めて勉強したり、リスクをとったりしなくても・・

 

今の生活に月5万や月10万プラスでもされたら・・・大きいですよね。

 

それぐらいなら、本当に凄く簡単な話だと思います。

知っているか、知っていないか?だけです。

 

あと、ちゃんとアクションできているかだけ。

 

で、実際どんな方法があるのか?

どういうように考えていけば良いのか?

 

私もまず自分で実践していきますが、良かったものは周囲にシェアしていきたいと思っています。

 

なぜなら、

「周囲に影響を与えている人に情報やお金が集まる」

という尊敬できる富裕層の方々が口を揃えて同じ事をいう考え方が、私の根底にあるからです。

 

唯一会社で尊敬していた上司からも周囲への影響が大きく出せる人を評価すると言われた時に、ふと例えば、Webならそういう事が簡単にできるなあと思って、Web上での活動も行おうと思った次第です。

それが本当にいい影響が出ていれば、自然と報酬もついてくるだろうと。

 

あと、私の夢、と申しますか、既に少しずつ始めていることは・・

「キャシュフローを作る方法」

自分で実践した上で再現性のある手法をストックして私が好きな方たちにお教えして、同じように好きな事をやって自由を得てもらうことです。

 

で、会社でまだ洗脳されて疑問ながらも働いているエリート?な人々に対して、一緒に自由になった好きな人々と共に

「大変だね〜」

と嫌味を言う事を妄想している、ちょっと根暗なアラフォーです。(笑

失礼しました。

 

ここまで読んで頂いた方ですから、何か感じて頂けた方だと思います。

それなら、少し前の私と同じように、人生を変えてしまうチャンスに出会っているかもしれません。

 

このメルマガにご登録頂ければ、私からの情報を確認いただけます。

また何か質問があれば、返信メールをいただければと思います。

 

是非、一緒に人生を変えてしまいましょう!!!

私が知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂きます!

まずは登録直後は、簡単なタネ銭づくりのネタからです。

 

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録する!