サラリーマンも副業→複業(パラレルキャリア)へ。収入源の種類とセミリタイアへの戦略

スポンサーリンク

 

サラリーマンは副業ではなく複業(パラレルキャリア)として考えるべきという点と、その複業において「収入源の種類」にどのようなものがあるか?や、自分なりに「稼げるようになるための王道プロセス」についてまとめてみています。

 

最近よく聞く言葉ですが、この「複業」という考え方は意外に的を得ていると思っています。

私もサラリーマン時代に過去に色々と試しましたし、サラリーマンを終えた今も色々と楽しみながら新しい分野の複業を試しています。(笑

全く異なるバックグラウンドの人と出会ったり、新しい体験したりするのが楽しいのと、意外に「横」につながっていったりするので。

 

ある分野の常識が、他分野で使えたり・・なども多いのですよね。

簡単なものだと、仮想通貨と為替・株なんかもそうかなと。

 

あと、セミリタイアを目指すにあたり、どのような進め方がいいのか?も色々と試行錯誤した後に、実際実現したので、どういう方法がいいのか?はおよそわかりました。

 

そのあたり、メルマガ読者さんからもよく質問を受けますし、どういう内容があるか少し書いてみたいと思います。

 

 

【期間限定で無料!】キャッシュフロー構築の王道を知れる書籍

私は、3000円以上だして、買いましたが。

しかも、メルカリで3000円弱で売ってるらしいです。ということは・・・。(笑

それはさておき。

でも、実際、既に外資系エリートサラリーマンを超える安定インカムフローを得ています。

とりあえずこの書籍の第3章は読んで、安定収入を複数構築する王道をインプットすることをオススメします。

単に、1つの金融商品に依存するのではなく。。。ですね。

⇒ キャッシュフロー(インカムゲイン)構築の王道を学ぶ


スポンサーリンク

サラリーマンも副業ではなく複業へ。国の標準的な就業規則も変更に。

Joergelman / Pixabay

 

この副業から複業へという流れが始まった起点ですが、昨年にサラリーマンの働き方に関する大きな変化がありましたね。

「厚生労働省のモデル就業規則が原則正社員の副業を容認する」

 

と、日経新聞の1面に掲載されたあたりからでしょうか。私もこれを見て・・・

「おお、遂に国もサラリーマンの副業を勧め始めた!複業だと皆活き活きしそうだけどな〜」

 

と、色々と妄想した記憶があります。

 

サラリーマンの「副業」とかくと、なんか悪い事やってるようですが。

「複業(パラレルキャリア)」だと、逆に色々と「好きな事をやって、活き活きしている感」が出てないですか?笑

 

 

「給料は、途中から上がらないので何とかしようね!」

という話もあるかもしれませんが。

 

ただ、そうではなく別の観点でいくと、この流れは凄く自然にも見えています。

 


スポンサーリンク

サラリーマンも副業から複業への背景には価値観多様化による市場構造変化が存在

 

geralt / Pixabay

 

テレビがメディアとして強い時代だと、全員が「吉永小百合ファン」。

*ちょっと古いか?笑

 

でも、今は・・・「◯◯という地下アイドルが好き」という方も多い。

いや。

むしろ、そういう「全てのマイナーアイドルを好きな人々」を集めたら・・・「有名タレント一人のファン」よりも圧倒的に多いです。

 

これって、テレビなど画一的なメディアのパワーが弱くなって、価値観の多様化が進んで、昔より加速しているのですよね。とすると、色んな小さな経済圏が沢山発生してきているわけです。

 

あと、個人的には大企業よりも個人が強くなっているという背景もあると思います。

 


スポンサーリンク

インターネットによるインフラの提供で、サラリーマンも副業じゃなく複業がやりやすくなった

 

最近ですと、VALUなんかもそうですが、個人の価値が認められやすい時代になってくると思っています。

 

なぜなら。

インターネットによって、誰でも色んな情報に簡単にアクセスできるようになったから。

 

マイナーでニッチでマニアックな内容でも、たどり着けるわけです。で、価値のある内容があればちゃんと認められる。

本当にいい時代だなと思います。

 

市場としても、インターネットの本格的な普及と、価値観の多様化に伴って、小さな市場が増えています。

 

実は、皆が知るようなメジャーなモノの売上よりも、ちょっとニッチでマイナーなモノの売上の集合体の方が、かなり大きい。

amazonの売上構成を見てても、それは明確。

 

 

今だと仮想通貨の投機が凄く盛り上がってはいますが、それもそれで複数の中の1つとしてであれば面白いとは思いますが。

 

セミリタイアを目指すぐらいなら、もう少し手間がかかっても、手堅くキャッシュフローを複数構築できる方がよいですし、そういう背景も考えて動きたいですよね。

 

で、本題。

 

サラリーマン複業時代のキャッシュフロー構築方法はどんなのがある?

 

nattanan23 / Pixabay

 

パッと思いつくのは、どんな方法がありますか?

私も、これまでに怪しいものも含めて色々と試してきました。(笑

 

本来は、キャピタルゲインとインカムゲインの2タイプを別にすべきですし、フローというとおよそインカムゲイン型を指すと思いますが。

分けずにざっと書いてみますと・・。

 

例えば・・・

・株(優待・トレード)
・為替(シストレ・トレード)
仮想通貨(トレード)
不動産
・各種再生エネルギー
コインランドリー
・各種事業投資(範囲広いですが)
ソーシャルレンディング
アフィリエイトやネット広告
・ラップに近い投資商品(某銀行のはバカにできません)
・各種債券(国債・社債・仕組債などなど)
・為替利用型の金融商品
・保険商品
・ヘッジファンド
投資信託
マイニング(クラウドでなく機械を実際に稼働)
・ステーキング報酬

 

などなど・・・大分類でも16種類

ちょっと項目の粒度のばらつきがありますが、方法はほんといくらでもありますよね。この1種類の中にも、またかなり多くの種類があります。例えば、再生エネルギーといっても、色々ありますし。不動産でもそうですが。

 

事業投資なんて、1項目に何でもまとめすぎですよね。(笑

ただ、事業投資なら、弱小個人が狙うべきは、営業マンや工場という大きなコストを抱えている大企業が入って来にくいニッチな領域だったり大手が展開できない領域ですが。

いわゆる、ランチェスター戦略ですよね。

 

もしくは、国の政策や、大衆の大きな流れに乗っかるかですね。

仮想通貨のトレードなんてのは、2017年は正にそんな感じだったかなと。

それは別ブログにみっちり書いているのでここでは省略するとして。。

 

サラリーマンにとってキャッシュフロー構築が楽な方法や戦略は?

 

上記のように色々と方法がありますが、結局多くのサラリーマンにとってどういう方法がいいの?となりますよね。

 

ランチェスター戦略というのは、何にでも使えるので必ず知っておいた方がいいと思っています。

まず、ニッチな分野でいいので、1つに集中して結果を出してしまうと、他でも優位になるというのは当然ですよね。

(参考)→ ランチェスター戦略 「弱者逆転」の法則 

 

 

あと前提としてセミリタイアに向けては貯金ではなく、一時的な稼ぎではなくキャッシュフローを構築するのが重要なのは書いたとおりですね。これは勘違いされている方が多いので念の為。

例えば、1億円なんて貯金してても、年収1000万の生活をすると、10年で無くなりますしね。。それより、月80万ぐらい稼げるスキルや仕組みを持っている方がよほど価値があるわけです。

→ サラリーマンのセミリタイアが簡単になる方法!【実現済】実は貯金は不要!

 

 

で、本題。

正確には各個人の趣味趣向や今の状況にも依存しますが。

 

まず、もしサラリーマンとしてある程度の収入を得ている方なら、青色申告して償却を活用している方も多いですよね。

本来支払うはずの税金を、確りと投資に回せますので。

非常に有効な方法だと思います。国の意図にも沿ってますし、経済も回りますしね。

支払うはずの税金で、、、なので、費用もかかりません。(笑

 

色々と元同僚なども含めて、リアルに相談を受けていると、この税金に関する知識が全くなく、むちゃくちゃ損している方が多いですよね。。。

特にお金の勉強を全くしていない方は、小学生からお金の知識が増えてませんので、ちょっと勉強するだけでむちゃくちゃ得しますよ。高学歴高収入の方は、特に不動産屋や情報商材などのカモにされているケースをよく見ます。その後に相談に来られて、アドバイスをすることも。。。401kが非課税枠なのすらも知らなかったりとか。。

 

おっと、話を戻して。

で、それが難しい場合や、もっと攻めたい!という場合は、以下の3つの時間軸に分けて考えるとやりやすいと思っています。

◼短期 :キャピタルゲイン狙い。負荷もリスクも高くても利益は大きいが初期投資はほぼ無し。
◼中期 :ミドルリスク・ミドルリターンの投資。多少の初期投資が必要。
◼長期 :初期投資は大きいが、長期に渡り固いリターンが期待できる。

 

資金が無い場合は、まずは「短期」からですね。

自分の時間も取られますし、時間効率はよくはないのですが、資金が小さくてもできるので、リターンを取りに行く。

 

私の場合ですと、トレード と WEB広告 を学んで短期で結果を出して、その資金を色々と展開していったというのが大きいです。

 

ネット広告なんて、時間さえかければ誰でも普通のサラリーマンの月収は簡単にいくと思います。

ちなみに、よくある「アフィリエイト」と言われるような「キーワードを含む記事をひたすら書いてPV集めろ〜」というようなものは、イマイチだと思いますよ。笑

それは別途、メルマガの長期読者様向けにやっている無料講座で詳細を共有していますが。。。それはさておき。

副業を選ぶ際に「重要な3つのポイント」はよく質問を受けるのでこちらにまとめています。

→ サラリーマンや主婦が最初の第一歩として安定した月5万円の副業収入を効率的に得るための3つのポイント

 

 

あと、WEB広告とトレードと書きましたが、トレードでは株・為替・仮想通貨・・・とやってきたのですが。あるプロの方との出会いをキッカケに、大きく結果が出せるようになりました。

初心者でもわかるトレード手法を具体的に学べて、今後の暴落や暴騰がある程度予想できるようになったので。その結果は、これまでブログに書いてきたとおりです。(1年以上前から、それなりに読みがあたってます。笑)

その手法は本当に「目からウロコ」の連続でした。

特に「初心者向けの動画コンテンツ」が、個人的には超絶にオススメです。

⇒ プロトレーダが相場の今後を予想している方法を学ぶ

 

 

 

 

さて。。

私も段階を追って、「あるプロセス」に沿って色々と試してきました。

ただ、ちょっと長くなったので、記事を分けて下記にまとめています。

⇒ サラリーマン複業時代に大きく稼げるゴールデンプロセス

 

 

ということで、過去の私と同じように、現状を何とかしたい。。。と思っている方々に、何らかヒントになれば嬉しいです。

(参考)私のプロフィールと、経緯

→ 管理人のプロフィール〜キャッシュフローを構築して時間的自由を獲得するまで


スポンサーリンク