ビットコインはどこで購入して保管すべき?オススメの方法まとめ

スポンサーリンク

 

ビットコイン関連の投資をこれから始める方も増えて「ビットコインはどこで購入して、どうやって保管するのが良いのでしょう?」という質問をメルマガでよく頂きます。

 

ネット上でビットコインの購入方法やウォレット(財布)のことを調べると、確かに記事が古かったり、取引所の種類だけは多く羅列されているのに細かい内容ばかりだったり・・という記事が多かったです。

 

しかも、ビットコインには、誤解も多いとはいえ、ハッキングにあうリスクやパスワードなど紛失により手元に金額が戻らないという事も勿論あるので、それに対してどこで購入して保管するべきか?がわかりにくいのは確かです。

我々が慣れている法定通貨+銀行でも通帳や印鑑の紛失リスクなどあるのと、同じではあるのですが。

 

ですので、私が実際に色々と使ってみた結果と把握している内容をシンプルにまとめてみました。

 

なお、世界シェアが高い海外の口座もあるのでそちらにも触れます。

が、この記事ではまずこれから始めるという方向けに、日本の取引所をメインにしたいと思います。

 

あと、セキュリティ対策として、ハードウォレットについても念のためご紹介しておきます。

 

スポンサーリンク


 

ビットコインの購入と保管方法について選び方のポイント

 

まず「セキュリティ」が高い保存方法ほど、「使い勝手」は下がる傾向になります。

 

例えば、冒頭にあったような写真の金庫は、最高に安全だとは思いますが、使い勝手は非常に悪いですよね。

 

もし普段は使わずに、「長期に寝かせておくだけ」の前提なら、セキュリティだけを考えてコールドストレージやハードウォレットという方法が良いです。これは金庫に相当します。かなり入出金が手間ですが、安全。

 

ただ、このブログに来られる方はビットコインで投資をバリバリ運用して回していく!という方がメインだと思いますし、現時点ではまだ良いものが存在していないと思っていますので、今は詳細は省きたいと思います。
で、普段から入出金がある場合を前提にすると、もう少しライトなウェブ上のウォレットや取引所を使うのが、バランスが良いです。

 

銀行でいうと、住信SBIネット銀行などのイメージですね。

 

で、さらに、保存する金額が自分にとって高額ならより使い勝手が悪い方法を選ぶか、分散して保存するが基本的な考え方だと思います。

特定のウォレットや取引所がいくら優れていても、もしも世界のハッカーが本気になると落とせない所はないというのが、私のエンジニアとしての感覚です。

 

あとは、ビットコインが増えてきたらそれを適切に他の通貨や案件へ分散投資していくのが良いのは当然ですよね。

そういう前提で、オススメの購入・保管方法を以下に記載します。

スポンサーリンク


 

ウェブウォレット

 

BLOCKCHAIN.INFO

 

サイト(日本語対応)

⇒ blockchain.info

 

経営陣など会社概要はこちら。

⇒ https://www.blockchain.com/about/index.html

 

概要まとめ

  • 世界で最も普及しているウォレット
  • スマホ用のアプリも非常に使いやすい
  • セキュリティの項目を設定すれば安全性は高まる
  • 送金の処理速度は比較的速い
  • ただ、日本円からの両替はできない

 

米国シリコンバレーのベンチャーですが、世界No.1シェアで最も広く使われているウォレットです。送金は非常に速く、セキュリティ面は企業の信用力としても安心感はあります。

多くの人が、ビットコイン取引のメインウォレットに使われているのではないでしょうか。

アプリの使い勝手も非常にシンプルで良いです。

 

日本円からの両替は、取引所で行う必要がありますが、送金が速いので普段の入出金はこれで行うの方が多いです。

 

開設方法

⇒ http://dp59031057.lolipop.jp/manual/bc.info_ml.pdf

 

ビットコイン取引所

 

他の取引所も多くありますが、日本語で簡単に使いやすいものだと下記かと思います。

 

ビットフライヤー

 

サイト

↓ ↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

概要まとめ

  • 日本シェアNo.1の取引所
  • 経営・技術陣の経歴、及び資本を入れる金融機関から信頼性は高い
  • セキュリティの内容もそれ相応
  • 日本円の入金は比較的早く、銀行との連携も簡単。
  • ただ、ビットコイン送金の処理速度も速い

 

ビットフライヤーは、既存の金融機関(特に住友系や住信SBIなら即反映)との連携を行う部分や、日本円から両替には非常に便利で向いていると思いますし、安心感はありますね。

その分、最初に少し手間をかけて認証作業をする必要がありますが。

このビットフライヤーは、ビットコインでの送金も速く、内部で承認作業もしっかりされていそうです。

それもセキュリティの観点では安心感があるのですが、私は送金には先程のBLOCKCHAIN.INFOを使って、使い分けています。

 

ビットコインは、基本このビットフライヤーにおいているぐらい信頼しています。

以前あったビットコインキャッシュでの分裂騒動においてのビットフライヤーの対応は、日本の取引所では事前の確定アナウンスも最も早く、対応内容も正確でピカイチでした。

お陰で分裂コインを暴落前に高値で売って、しっかりと利益を出すことができましたので。

最近、アメリカ進出もされていますし、元ゴールドマンのチームは流石です。

分散は必要ですが、まず基軸となるビットコインのメインはここですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

COINCHECK

 

サイト

⇒ coincheck

 

概要まとめ

  • 日本のシェアNo.2の取引所
  • 経営陣や運営会社の資本力と信頼性は金融機関として高くはない
  • アプリも含めて使い勝手はよい
  • セキュリティは現時点では少し不安がある。

 

ビットフライヤーは成海璃子さんを使ったテレビCMも動画広告も広くやっているので、マーケティングの方針(及び資本力)の違いだろうとは思いますが。

ただ、最も気になるのは、経営陣や技術陣の実績です。(関係者の方、偉そうにごめんなさい。)

 

しかし・・・

 

コインチェックは使い勝手はむちゃくちゃ良い!

のでとりあえず使えるようにしてリスクヘッジしておくのがよいと思います。

 

各通貨への分散投資をしようと思うと、日本企業だと自然とコインチェックになるのですよね。

個人的には、ここは普段使いには必須だと思っています。

↓ ↓ ↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

ZAIF

サイト

⇒ Zaif

概要まとめ

  • 日本のシェアNo.3?
  • 経営陣や運営会社の技術力は高いと思われる。(XEMやmijinの開発に関わる)
  • 使い勝手はそこまでよいとは言えないが、積立ができる!
  • セキュリティに関しては、当初から安心感がある。

 

日本のフィンテック企業の中でもmijinなどの開発で有名なテックビューロさんが運営。

通称ホリエモンの堀江さんも絡んでおり、セキュリティ面は当初から安定感があり、技術的に安心なイメージがあります。

なによりも・・・ここは積立ができる!しかも、BTCやXEMで。

さらに、ICOのプラットフォームとなるCOMSAに関連するトークンも購入できます。

 

普段使いは分散投資しやすいコインチェックやビットフライヤーで、積立はZAIFが安心パターンかなと思います。

↓ ↓ ↓

 

海外の取引所だと?

 

海外サイトって、扱っているアルトコインやトークンの種類が多いですよね。

あと、なにせ、指値ができる!

これが大きなポイントです。

 

短期でトレードをしたい人、指値しておきたい人には必須でしょう。

暗号通貨はボラリティ(変動幅)が大きいので・・・それを利用できますよね。

具体的には、かなり下目の値で買いを入れておき・・・売りを逆に高目で入れておくという感じです。

といっても、そんなにうまくやるのは難しいのですけどね。

 

そんな中の候補です。

 

世界のNo.1の「POLONIEX」

最もメジャーなのは、POLONIEXです。

ここは取引高としては世界No.1になっており、ビットフライヤーよりも上ですね。

分散先の1つとしてはよいかとは思います。

 

ただ、最近人が増えすぎているようで、サポートが追いついていない様子です。

で、着金や送金のトラブルもこのPOLONIEXは多発している様子。

チケットをとってもとっても、着金や送金のトラブルが解決しない・・・という人も多いようです。

 

あと、いまいちざっと調べても運営会社のCEOの実績や、資本情報などの詳細がよくわかりません。

「Poloniex, LLC」という会社で、2014年からWilmintonにあるようですが。

 

ですので、あくまで分散先の1つ+指値用という認識がよいのではと思います。

 

Bittrrex

ここは、Poloniexでは扱っていないトークンも多く、いつでも空いているので個人的には好みです。

サポートや信用力はどこまであるのかわかりませんので、あくまでこちらも分散先の一部ですが。

 

 

その他の取引所と各取引所の評価サイト

クラーケンなど有名所はまだありますよね。

あとは、自分の欲しい通貨がなければ開設するというぐらいです。

 

ちなみに、海外取引所の評価ランキングをやっているサイトもありますね。

これ自体はどこまで信用できるのか・・・はありますが。参考まで。

⇒ http://www.bestbitcoinexchange.net/

 

UFJやSBIバーチャルカレンシーズなど既存メガバンクのサービスは?

 

現状は、既存の大手金融機関からのサービス提供は、現時点ではありません。

 

ただ、三菱東京UFJファイナンシャルグループから、MUFGコインを一般向けにリリースすると昨年発表がありましたよね。

 

MUFGコインを中心としつつも、ビットコインも含めた主要な仮想通貨とも連動したサービスを提供開始する可能性も十分にあると思います。

 

ただ、MUFGは海外送金で使おうとしてもスゴく保守的で対応が厳しすぎるイメージがあるので、個人的にはそこまでやらないのだろうな・・・というのが予想ですが。

 

また、SBIグループや三井住友系は「リップルコネクト」で、みずほグループは「みずほマネー」で検討していますよね。

 

海外送金でもやりやすい三井住友やSBI系の方が、実サービスは早く入れて来るだろうな・・というのが、個人の予測です。

追記:GMOもその後リリースが出ていますし、今後は増えてきそうですね。

 

SBIや大手メガバンクから、近くそういうものがもし出てきたら、そちらは是非開設したいと思います。

 

既存の金融サービスからして、特に期待しているのは、「SBIバーチャルカレンシーズ」です!

SBIバーチャルカレンシーズの取引所開設を、楽しみにまっています。

 

ハードウォレットでオススメのものは?

私は下記です。

今後はこれ意外にも多く出て来るのかもしれませんが、現時点では各専門家もこれを推奨していました。

 

ZAIFを運営する、テックビューロさんが日本の正規代理店になっており、AMAZONで売られています。

→ ビットコインウォレットTREZOR(トレザー)(グレー))

 

こちらも。

→ ビットコインウォレットTREZOR(トレザー) (ブラック)

 

使い始める際には、バックアップが思った通りに行えるのか?などしっかり確認しましょう。

なお、ウェブウォレットは普段トレードする分だけにしておくのがよいかと。

 

ちなみに、TREZOR2も現在開発中で間もなく発売されるようですね。

 

ビットコインの購入と保管方法のまとめ

 

私はリスクヘッジのため、上記の3つとも開設して分散しています。

また、基本、有事はもう現金にしていますが、あまりやると税金が・・・なので、保管用にはハードウォレットも使っています。

 

ウェブウォレットですと・・・

メインは最も使い勝手がよいBLOCKCHAIN.INFOです。

で、日本円からの入金などは、ビットフライヤーを使っています。

 

コインチェックも一応持っていますが、上記のようにリスクヘッジ用と普段使い用です。

なんせ、オルトコイン+日本企業だと、ここが使い勝手がよいので。

 

追記

一つへの依存は怖いので、ビットコインは分散しておくべきだと思います。

ZAIFの積み立てで、タイミングも分散できるのでリスクヘッジもできると思います。

 

私は最初はセキュリティが弱かったコインチェックを避けていましたが、少し使ってみると、毎日相場を見るのに使い勝手がいい・・・(笑

なので、リップルXRPなど、ビットフライヤーで扱いが無いものはコインチェックは結構使います。

さらに、NEMやLITEコインなどにも対応してきましたので、ビットコインでの基軸となるビットフライヤーもアルトが増えてほしいところです。

 

アルトと日々の相場確認のメイン。

↓ ↓ ↓ ↓
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

 

基軸となるビットコイン取り扱いのメインは・・・

分散は必要ですが、まず基軸となるビットコインのメインはここですね。

↓ ↓ ↓ ↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

あとは、オプションとして積立をこちらで行う感じでしょうか。

COMSAなどへの対応もここなら行えますしね。

↓ ↓ ↓

 

 

1つの企業にあずけてしまうと、何らかアクシデントがあればどうなるかわかりません。。

ですので、取引所を使うにしても、確りと分散していきましょう!


スポンサーリンク