ふるさと納税は◯◯で実施しないと絶対に損!!

スポンサーリンク

ふるさと納税について、ちょっと興奮する内容を見つけてしまいました。

(追記)返礼品の割合が高いと指摘されている市町村のリストが公開されているので追記してます。

 

これは本当に知っているだけで得する。

知らないだけで損すると言える簡単な話です。

 

あれ?なんかこう書くと一気に怪しくなるのは不思議ですね。(笑

 

でも投資の案件ではなく、単なる節約方法です。

先週メルマガで流した件はこれなのですが、シンプルにまとめておきます。

 


スポンサーリンク

ふるさと納税とは?そもそもどういう制度?

 

ご存知の方が多い方が多いと思いますが念のため。

 

こちらに総務省の説明ページがあります。

→ 総務省:ふるさと納税の概要

 

概要のみ引用します。

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と住民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)

 

ということで、ざっくりいくと、寄付した分のうち2000円以上の金額は、所得税と住民税から控除されるので実質返金されるというものですね。

 


スポンサーリンク

ふるさと納税の上限を知りたい!

 

その年の収入によって寄付金として扱える上限が決まるのですが、それはいろんなサイトでざっくり計算ができます。

下記のサイトは、概算にはよいと思います。

 

→ ふるさとチョイスの上限額概算ページ

 

なお、不動産などの減価償却にて所得を圧縮されている方は、注意が必要ですね。

所得によって金額が決まりますので。

 

さて、これで概要の把握はOKではないでしょうか。

 


スポンサーリンク

追記)ふるさと納税の返礼割合が高い市町村リスト!

 

引用元:http://www.soumu.go.jp/main_content/000562702.pdf

 

総務大臣から、返戻率が高いので改善してほしい!という通知が出ていると公表されています。

私もこのうち、いくつかは既に納付して・・・。(笑

 

普通にスゴイなと。

 

ただ、更にお得にやる方法がありますよね。

 

ふるさと納税、どこからやってますか?

 

ここがポイントです!

 

私はこれまで、「ふるさとチョイス」というサイトで行っていました。

知り合いに教えてもらって、どうせ必要になる食料品や、ハードディスクなどを交換品として購入していました。

 

でも、失敗でした・・・・。

 

ここから行ってみてください!!

↓ ↓ ↓

→ ふるさと納税をお得に行う!

 

はい。。。。

 

すごくないですか?

 

いろんなキャンペーンがあるので、すごくバックがありますよね。

 

私はこれを知ったとき、ちょっと興奮しました。

 

で、早速、みかんやりんごを買ってしまいましたよ。(笑

 

 

暗号通貨で利益が出てしまった人は多いと思います。

税金は確りと払うとして、この制度は活用したいですね。

 

関連記事として、これは私が色々やってみた結果、今はこれが最もおすすめです。

こんなのだけでも、年間にしたら凄い利益出るのですよね・・・。

世の中、ほんとやるかやらないかだけだなあと感じます。

→ 楽天カードは実は還元率がホントスゴイ!

 

 

ということで、最後はシリーズお決まりの内容です。

 

このようなことも交えつつ、私の経験した内容をシェアするメルマガをやっています。

結構多くの読者さんと双方向なやりとりをバンバンやっています。知っている事なら、何でもバンバンシェアさせて頂いてます。

ときには、謎の人生相談まで。(笑

投資というぐらいなので、まずは登録直後は簡単なタネ銭づくりのネタからご紹介しています。

>>>> キャッシュフロー構築術のメルマガに登録


スポンサーリンク